ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GoogleFileServiceはJava製/Google App Engine用のオープンソース・ソフトウェア。Googleドキュメントがバージョンアップし、任意のファイルをアップロードできるようになった。これはかねてより度々噂になっていたGDrive(命名はGoogleではないが)を実現するような機能だ。


ピクチャ 272.png

Google App Engineをオンラインストレージに

 

そんなGDrive風な機能をGoogle App Engineで実現するのがGoogleFileServiceだ。Google App Engineの制限により10MBまでのファイルしかアップロードできないが、任意のファイルをアップロードしてストレージとして利用できる。

GoogleFileServiceはJavaで作られており、アプリケーションの名前を変えれば誰でも自分だけのオンラインストレージを持つことができる。設定ファイルを使ってアップロードできるクライアントのIPアドレスを制限できるようになっている。


ピクチャ 274.png

画像はサムネイルが出る

 

アップロードできるファイルサイズは上記の通り10MBまでなので、Googleドキュメントに比べると制限が厳しい。なおアップロードしたファイルが画像の場合、サムネイルが表示されるようになっている。アップロードは個別のユーザごとに可能で、一覧で見たり削除やダウンロードができる。

執筆時のバージョン

 0.3

 

google-file-service - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/google-file-service/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2