ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ListaryはWindows用のフリーウェア。Windowsでデフォルトで使えるファイルマネージャと言えばエクスプローラだ。長い間望まれつつも実装されないのが表示ファイルのフィルタリング機能だ。多くのファイルがあるときに目的のファイルを探すのが非常に面倒くさい。


ピクチャ 329.png

ワイルドカードも使えるインクリメンタル検索

 

ファイル名を入力して探していくこともできるが、間違って一つ飛んでしまったり、なかなか目的のファイルが見つからなくていらいらしたりする。そんな時に使ってみたいのがListaryだ。Listaryはちょっと気の利いた機能をエクスプローラに追加してくれる。

Listaryを立ち上げた状態でエクスプローラを開き、任意の文字を入力する。そうすると小さなテキストボックスが表示され、入力した文字にマッチするファイルが一覧になる。どんどん入力していけば該当するファイルが絞り込まれていく。

さらにタブでリストを下に下りていったり、ワイルドカードを使ってファイル名をフィルタリングすることもできる。特別なホットキーも不要で、すぐに使いこなせるだろう。日本語でいきなり検索はできないのが残念だ。なお有償のプロ版ではファイル名で正規表現を使えたり、リストをCSVにエクスポートする機能が追加されるようだ。

執筆時のバージョン

 0.9.6

 

Listary

 http://www.listary.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2