ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Android VNCはAndorid用のオープンソース・ソフトウェア。携帯電話の画面をプレゼンテーションで流したい時、やり方は3種類ほど考えられる。ビデオカメラ(またはWebカム)で写しながら行う、エミュレータを使う、そしてもう一つが携帯電話の画面をそのまま表示する方法だ。


ピクチャ 669.png

接続している所

 

最後の方法として有名なものがVNCを使う方法だろう。これならば同じネットワーク内にいれば母艦から接続でき、携帯電話の画面を母艦に表示できる。Andoridでそれを可能にするのがAndroid VNCになる。

Android VNCは元々専用のカーネルイメージを使っていたようだが、今は不要なようだ。Andoridを立ち上げた後、adbコマンドでファイルを送り込み、シェルを実行すれば良い。そうするとVNCサーバが立ち上がる。後はポートのリダイレクト設定が必要になる。


ピクチャ 671.png

ターミナル側

 

筆者がエミュレータレベルでの確認しかしていないが、実機でもさほど変わらない操作で使えるのではないだろうか。なお映し出されるのは画面だけなので、実際の操作は実機で行う必要がある。タッチ操作などは分かりづらいかも知れない。とは言えプレゼンテーションやセミナーなどの際にはとても役立つだろう。

 

android-vnc - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/android-vnc/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2