ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

EraserはWindows向けのオープンソース・ソフトウェア。ファイルをゴミ箱に入れたり、それを空にした所で容易にサルベージできることはよく知られている。そのため本当に消したいファイルがあるならば、それなりの手法をとって行う必要がある。


3dsearch2.png

設定画面

 

一部のファイルやフォルダ、またはドライブ全体、フロッピーディスクなど復旧できないくらい厳密に削除したい時に使えるのがEraserだ。Eraserを使えばよっぽどのことがない限りまず復旧されないはずだ。

Eraserは削除する作業をタスクとして登録する。ドライブやフォルダを選んで削除を行うように設定できる。スケジューリングも可能で、指定した日時(または定期的)に削除処理を実行することもできる。セキュアに削除を行うので、消されたファイルは復活は期待できないだろう。


3dsearch4.png

削除処理中

 

タスクは複数登録できるので、複数のファイル、フォルダ、ドライブを消したい場合にも柔軟に設定ができる。パソコン用シュレッダーのような便利ツールになりそうだ。

執筆時のバージョン

 5.8.8

 

Eraser | Get Eraser at SourceForge.net

 http://sourceforge.net/projects/eraser/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2