ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

RappidはiPhone向けのオープンソース・ソフトウェア。ユーザコンピューティングを進めるためには、データベースアプリケーションを誰もが簡単に作れる必要がある。MS OfficeでいうところのExcelやAccessの存在だ。この二つによってユーザコンピューティングは大きく成長したと言えるだろう。


ピクチャ 136.png

ユーザが自分で設計するフォーム

 

ユーザが自由に設計をして、データを蓄積できるようにすれば、後の加工はシステム側で行っても良いだろう。iPhoneでもユーザコンピューティングを実現したいならばRappidを試してみるといいだろう。

Rappidの最大の特徴は、コーディングレスでデータベースアプリケーションを開発できることにある。モデルを作り、そのモデルにデータを入力するフォームを作る。その際には関連性を作り、入力時に連携させることも可能だ。


ピクチャ 137.png

設定画面

 

データの入力はテキストか選択、有効/無効を選ぶことが出来る。画面はリストばかりで素っ気がないが、最低限のことはできる。後は蓄積されたデータをどう活かすかだ。iPhoneならではの入力データもあるだろう、そんな時に役立つソフトウェアだ。

 

rappid - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/rappid/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2