ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone ScreentakerはMac OSX用のフリーウェア。iPhoneアプリや最適化されたWebサイトを宣伝するのにスクリーンショットは重要な役割を果たす。主なパターンとしてはシミュレータまたは実機のスクリーンショットを利用することが多い。


ピクチャ 293.png

iPhoneアプリをスタイリッシュに紹介

 

だが、ただ画面を撮影したままではあまり訴求力がない。もっとiPhoneならではのインパクトが必要だろう。もっと自分のアプリケーションをアピールしたいと思うならばiPhone Screentakerを使ってみよう。

iPhone Screentakerを起動すると二つの枠が表示される。右側にスクリーンショットをドロップする。そしてiPhone/iPadなどの筐体を指定する。縦型、横型の指定も可能だ。そしてただiPhoneを表示する他、イヤホンを付けたテンプレートも用意されている。


ピクチャ 295.png

iPad用もあり

 

そして実行するとテンプレートにスクリーンショットが埋め込まれた状態の画像が生成される。ちょっとアクセントがある画像を使うことで、より魅力的に見えるはずだ。スクリーンショットの他、背景画像も別途指定できるようになっている。

iPhone Screentakerを使えば味気ない画面が一気に魅力的になるのではないだろうか。iPhoneはもちろん、これから日本でも増えるであろうiPadアプリのアピールにどうぞ。

 

via iPhone Screentaker updated with iPad templates [ TUAW ]

iPhone Screentaker

 http://fabian-kreiser.com/downloads/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2