ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FrankerはSafari5用のオープンソース・ソフトウェア。機械翻訳は文章レベルではまだまだレベルが低いが、単語単位では使えるようになってきている。海外のサイトを調べている際に分からない単語があったら、Googleで調べるなんて人も多いのではないだろうか。


スクリーンショット(2010-07-07 11.32.17).png

緑色の文字が翻訳適用部分

 

そんな時に都度単語を選択して検索して…とやっていては非効率的だ。もっと手早く翻訳できると良い。あなたがSafari5を使っているならば機能拡張として提供されるFrankerを使ってみるといいだろう。

Frankerをインストールした状態でWebサイトを訪れ、分からない単語(文章も可能)を選択する。その状態でCtrl+Fを押すと選択した文字の横に緑色の文字で翻訳結果が表示される。これはなかなか使い勝手が良い。文章の場合も横に翻訳結果が表示される。


スクリーンショット(2010-07-07 11.31.20).png

設定画面

 

原文と比較できるので意味不明な翻訳結果でも内容は把握できそうだ。この翻訳はGoogle翻訳を使っている。デフォルトで英語への翻訳だが、設定で日本語にすることもできる。Ctrl+Alt+Fでページ全体の翻訳も可能だ。都度検索しての翻訳作業に面倒さを感じていた方はFrankerを試してみて欲しい。

 

franker - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/franker/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2