ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitboxはMac OSX用のフリーウェア。Gitはターミナルからでも十分使えるため、GUIフロントエンドを必要とはしてこなかった。だが複数人が関わるプロジェクトでは不慣れな人も多い。そうした時にはやはりGUIフロントエンドがあると便利だ。


Screen-shot 23.png

見た目はシンプルなGitクライアント

 

Gitの全ての操作を行えなくとも、普段の運用上はコミットしたりPushやPullを実行できるだけでも十分だろう。そんなライトなGitフロントエンドとしてGitboxを紹介しよう。

Gitboxは任意のリポジトリを指定して開く。そうするとコミットログが一覧で見られる。その中で変更されたファイルについても確認が可能だ。さらにファイルを選択すればFileMergeなどの差分表示ソフトウェアで変更箇所が確認できる。


Screen-shot 24.png

差分の確認は外部ツールで

 

変更されてリポジトリに反映されていないファイルの一覧も確認できる。後はファイルを選択してコミットを実行すれば良い。コミット後はPushしたり、逆にPullすることが可能だ。Ignoreに追加したり、元に戻す事もできる。ブランチを切ることもできる。インタフェースは簡易的ながら、普段の運用であれば十分こなせるだろう。

 

Gitbox — Git client for Mac OS X

 http://gitbox.pierlis.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2