ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

DropItはWindows用のオープンソース・ソフトウェア。デスクトップやマイドキュメントに散らかったファイルを定期的に整理することがある。大抵、入れる場所は決まっているのだが、使っている時にはその動作は面倒で、後でまとめて行うことになる。


Image1.png

ここにファイルをドロップする

 

まとまった場所にあれば良いが、色々な所にあるファイルをマウスで一カ所に運ぶ操作というのは非常に煩わしい。そこで使ってみたいのがDropItだ。Windows XPでも対応となっているが、筆者環境ではうまく動かなかったのでご注意いただきたい(Vistaであれば大丈夫だった)。

DropItを起動すると矢印の形のフローティングウィンドウが画面に表示される。そしてまず設定を作成する必要がある。設定は拡張子やファイル名のパターンを指定し、かつそのファイルをどこに移動するか指定して完了となる。複数のパターンを指定可能だ。


Image3.png

設定画面

 

そして設定が終わったらファイルをフローティングしているアイコンにドロップしていけば良い。コンテクストメニューから指定できるように設定も可能だ。設定も複数切り替えられるので、整理するパターンに応じて変えることもできる。散らかったファイルの整理にぜひ。


Image2.png

オプション画面

 

DropIt: to place your files with a drop

 http://www.lupopensuite.com/db/oth/dropit.htm

DropIt | Download DropIt software for free at SourceForge.net

 http://sourceforge.net/projects/dropit/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2