ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Split Large Text Filesを使えば巨大なテキストファイルを指定個数に分割できる。

Split Large Text FilesはWindows用のオープンソース・ソフトウェア。ログファイルやシステムから吐き出すデバッグ用のファイルは巨大なサイズになりやすい。日ごとなどで区切るだろうが、吐き出す量が膨大ならば、やはりサイズが大きいものになってしまう。


3dsearch65.png

メイン画面

 

それらをテキストエディタなどで開こうとすると、処理が完全に止まってしまったり、遅くて使い物にならなくなってしまう。そこで使うのはファイルの分割だ。巨大なファイルを適当な大きさに分割するにはSplit Large Text Filesを使ってみよう。

Split Large Text Filesを起動し、分割元になるファイルを選択する。後は幾つに分割するか指定して、アウトプットするフォルダも指定する。ファイル名は番号を付けて保存されるが、番号のみやPartを付けるなどといった設定もできる。

分割されるファイルは行数ごとに分かれる。最後の端数は一番最後のファイルに渡されるようになっている。行ごとの分割なので、それ以外の区切りを使っている場合は利用が難しいかも知れない。だがログファイルなどの分割では活躍することだろう。

 

via Split Large Text Files [ gHacks ]

Simple Text Splitter | Download Simple Text Splitter software for free at SourceForge.net

 http://sourceforge.net/projects/simpletextsplit/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2