ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Buzz Clockは定期的にバイブレーションを実行するソフトウェア。

[/s2If]

Buzz ClockはiPhone用のオープンソース・ソフトウェア。セミナーや勉強会で話をしたり、インタビューを行っているときなど、時間を区切って作業を行うことは度々ある。そんな時に時間を目に見える所に置いておく人がいるが、しょっちゅう見ていると相手に失礼だ。


IMG_0241.PNG

実行中の画面

 

iPhoneにはタイマー機能があるが、これは音が出てしまう。もっとスマートな方法としてバイブレーションを使いたいだろう。そこで使えるのがBuzz Clockだ。予め時間をセットしてポケットに忍ばせておけば良い。

Buzz Clockがセットできるのは5/15/30分の3パターンになっている。とは言えオープンソースなので自分で好きな時間を作っても良いだろう。そしてタイマーが進んでいる間は定期的に時間を表示してくれる。とは言えこの画面は見ずにポケットに入れておくのが基本だ。


IMG_0240.PNG

設定画面

 

そして指定した時間が経過するとバイブレーションが10回行われる。時間の計測はそのまま続行だ。つまり45分でミーティングを切り上げたい場合は、3回鳴った時点で調整すれば良くなる。時間を見れない状況でも正確に時間を知れる、便利なソフトウェアだ。

 

MOONGIFTはこう見る

Buzz Clockのような仕組みが必要になる場面は多そうだ。相手が話に夢中になっている中、時計をチェックするのは何となく気後れしてしまう。だがバイブレーションでだいたいの時間が分かれば、終了に向けて調整することもできるだろう。

ミーティング等も時間を決めて適切に行われるのが基本だ。そのためには現在の時間を把握し、時間内で結論までいかないといけない。時間にルーズだと皆に迷惑がかかり、自分にとっても損が多い。Buzz Clockをそっと忍ばせておこう。なおバックグランドでは動作しないようなので注意してほしい。

 

Buzz Clock: A Slient Clock for the iPhone

 http://buzzclockapp.com/

App Store

 http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=377102029&mt=8  

[/s2If]

gknauss's buzzclock at master - GitHub

 https://github.com/gknauss/buzzclock/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2