ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

BacklogとGoogleスプレッドシートを連携させるGoogle Apps Script。

[/s2If]

Backlog Template Issue GASはGoogleスプレッドシート向けのフリーウェア(ソースコードは公開されている)。決まった項目での入力を繰り返す場合、慣れてくるとWebフォームよりも表計算ソフトウェアを使って入力する方が手軽になってくる。


Screen-shot 375.png

処理前にID/PWを登録する

 

そのため表計算ソフトウェアを使ってシステムの課題管理を行っているケースはよく見られる。各自にデータを登録してもらい、それを一気に取り込むのだ。BacklogというWebサービスを使っているなら一緒にBacklog Template Issue GASを使ってみよう。

Backlog Template Issue GASはGoogleスプレッドシートと連携するGoogle Apps Scriptだ。コードはJavaScriptで書かれている。予め作られているスプレッドシートのテンプレートを使って入力を行い、終わったらスクリプトを実行すればBacklogにデータが自動的に取り込まれていく。


Screen-shot 376.png

登録結果は別シートに反映される

 

データの閲覧や分析についてはBacklogで行うのが良いだろうが、データの入力は一覧性がある方が楽かもしれない。タスクのコピーをして日付を改めて入力等も簡単になる。二つのWebサービス、それぞれの良さを感じさせる面白いソフトウェアだ。


Screen-shot 377.png

登録されているデータ

 

MOONGIFTはこう見る

Google Apps Scriptのソフトウェアははじめて見た。自社のサービスと絡めてくるのはなかなか面白い。Googleスプレッドシートは便利で操作性も非常にこなれている。ここに敢えて対抗するのではなく、連携するという答えをもってきた所が利点だろう。

このやり方は面白い。ECシステムとGoogleスプレッドシートを連携させて見積もりや機能比較をしやすくしたり、プロジェクト管理の見積もりだけ投げたりすることもできるだろう。自分のサービスでも活かせる場面は十分考えられそうだ。

 

概要 - backlog-template-issue-gas - GitHub

[/s2If]

 https://github.com/ikikko/backlog-template-issue-gas/wiki/

ikikko's backlog-template-issue-gas at master - GitHub

 https://github.com/ikikko/backlog-template-issue-gas

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2