ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

PeekはiPhone用のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。iPhoneではWebKitをベースにしたMobile SafariがWebブラウザとして利用できる。Safariとはいえ、iPhone用とあって異なる動作をする部分も多い。CSSやメタも特別なものが追加されている。


Screen-shot 364.png

アプリを立ち上げた所

 

そのような中でiPhone向けのWebアプリケーションを作っていても、実際にiPhoneで使ってみたら動作が異なるというケースは少なからず存在する。だがiPhoneの小さな、限られた機能ではデバッグもままならない。そこで使ってみたいのがPeekだ。

PeekはiPhoneアプリとして提供されるが、システム的にはほぼHTML/JavaScriptで作られてる。アプリを立ち上げたら、塔のマークのアイコンをタップする。すると専用のWebサーバが内部で立ち上がり、8080番ポートでアクセスできるようになる。


Screen-shot 366.png

母艦からJavaScriptを実行している

 

そして母艦のWebブラウザ(Firefoxが指定されていた)からアクセスすると表示されているHTMLに対してリモートデバッグできるようになる。外部のサイトに移動し、任意のJavaScriptを実行してその結果を受け取れる。jQueryが入っているので操作も容易だ。iPhone向けWebサイト開発の際にはきっと役に立つだろう。



Screen-shot 365.png

アラートも出力できる

 

MOONGIFTはこう見る

PeekはiPhoneアプリながらWebサイトのデバッグ用途に使うというちょっと変わったソフトウェアだ。だがiPhoneのMobile SafariではHTMLのソースコードすらまともに見られない中、Peekは多いに役立つのではないだろうか。

個人的にはこうした「スマートフォンアプリ(またはWebサイト)開発に役立つツール」の需要は大きいと考えている。開発者向けツールの方がアプリ自体の市場よりも、利益につながりやすいのではないだろうか。

 

ku's peek at master - GitHub

 https://github.com/ku/peek

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2