ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Vision Board BuilderはWindows用のフリーウェア。ビジョンボードとは“自分の夢や希望、欲しいものなどを象徴化した写真を貼り混ぜたものを壁に掲げることで、その実現を加速しようとする技法(via はてなキーワード)”のことをいう。


3dsearch4.png

画像を配置して変化させる

 

アナログであればコルクボードなどに夢を書いた付箋紙や写真を貼付けて飾り付け、楽しい雰囲気を出しつつも自分のビジョンを明確にする。それをコンピュータ上で行うのがVision Board Builderだ。

Vision Board Builderは左にフォルダツリーがあり、画像が一覧表示される。そこから選んでメインのウィンドウドロップする。画像は周囲が白く囲まれて表示される。丸以外にもイフェクトが選択でき、スクロールによってイフェクト領域を変更できる。


3dsearch3.png

イフェクトには幾つかの種類がある

 

画像は複数配置可能で、大きさも変更できる。その繰り返しでビジョンボードにマッチした写真をどんどん貼付けていく。そして文字も追加可能だ。最終的に画像として出力すればビジョンボードの完成だ。おそらく同様の操作は画像編集ソフトウェアを使ってもできるだろう。だが、Vision Board Builderを使えばより手軽に作成できるはずだ。


 

MOONGIFTはこう見る

ビジョンボードというのは知らなかったが、自分の思い描く未来をビジュアル化するのは実現意欲を高める上で大きな役割を担うはずだ。旅行先の写真や、自分が演じたいショーの写真などを飾ることで目標を見失わずに済む。やり方によっては社会人でも使えるはずだ。

夢を具体化することは認識を改め、現在とのギャップを感じられるようになる。ただの文字ではなく、Vision Board Builderのように視覚に訴えるのはさらに効果的と言えるだろう。

 

Vision Board Builder | Day Blocks

 http://dayblocks.com/blog/vision-board-builder/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2