ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Exchange Data Provider for LightningはThunderbird + LightningでExchangeを使えるようにするアドオン。

[/s2If]

Exchange Data Provider for LightningはThunderbird + Lightning向けのオープンソース・ソフトウェア。企業内においてメーラーにThunderbirdを使っている人も少なくない。オープンソースのとても便利なメーラーだ。


Screen-shot 422.png

選択項目が追加される

 

そしてさらにLightningを組み合わせるとカレンダー、メール、Todo、フィードリーダーとPIMを管理するのに必要な機能が揃ってしまう。さらに社内情報管理にExchangeを使っているならばExchange Data Provider for Lightningをインストールしよう。

Exchange Data Provider for Lightningは名前の通り、LightningでカレンダーサーバとしてExchangeを指定できるようにするThunderbirdアドオンだ。Exchangeがあるために乗り換えられなかった人も、これで踏み込めるのではないだろうか。

使い方は簡単で、カレンダー追加のウィザードでExchangeを選べば良いだけだ。現時点ではミーティングレスポンスには対応していないとのこと。またタスクの管理なども不可となっている。とは言え簡易的な使い方だけであれば十分だろう。Outlookに辟易していた方はもちろん、Mac OSX/Linuxユーザでも使えるのが便利だ。


 

MOONGIFTはこう見る

Exchangeなんて…と思っていたのだが、データの一元管理する仕組みとしては非常に優れたソリューションだ。問題はOutlookの重さ、使い勝手にあるといって良いだろう(後は囲い込みの強さ)。そのため企業においては利用されているケースも多い。

だがOSの多様性も出ている中、OutlookのためだけにWindowsやOfficeを購入するというのも問題だろう。その点、Thunderbirdであればマルチプラットフォームで使えるので選択肢が大きく拡大するだろう。

[/s2If]

 

Exchange Data Provider for Lightning - Home - Open wiki - Gitorious

 http://gitorious.org/lightning-exchange-provider/pages/Home

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2