ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Cortexは各種ソーシャルサービスに素早くコンテンツを送信するためのGoogle Chrome拡張。

[/s2If]

CortexはGoogle Chrome用の機能拡張。ソーシャルサービスを利用する上で最も大事なのはいかにストレスなく使えるかということだ。入力に手間がかかるようでは、ユーザはすぐに離れてしまう。それはサービス本体はもちろん、そのサービスを使うためのクライアントソフトウェアでも同様だ。


Screen-shot 487.png

素早く共有

 

URLをコピーして貼付けてコメントを書いて投稿、なんてやっていたらユーザはあっという間に離れてしまう。もっと素早く、1秒でも早く投稿できるようにするのだ。そのためのシステムを目指すのがCortexだ。

CortexはTwitter/Facebook/Tumblr/Instapaperに対応している。インストール後、各サービスのアカウントを登録する所から開始する。使っていないサービスについては登録する必要はないようだ。そして完了したら任意のサイト上でマウスを押し続けるのだ。


Screen-shot 485.png

設定画面

 

そうするとサークルが表示されて各サービスのマークが並ぶ。後はそこからURLを投稿したいサービスを選ぶだけだ。この間、慣れれば1秒もかからないはずだ。サービスを選択するとメッセージを入力することもできる。対応しているのはテキスト、画像、動画などとなっている。

 


デモ

 

MOONGIFTはこう見る

この手のシステムでよく知られているのはFirefoxで使えるTomblooやそのGoogle Chrome版のTaberarelooではないだろうか。左クリックの長押しなのか、右クリックの違いはあるが選択しているコンテンツを認識して各サービスへ転送する所はよく似ている。

Cortexの売りはスタイリッシュな表示と手早さにあるだろう。各ソーシャルサービスをメモ代わりに使っていたり、クリップとして残しておきたい時には便利に使えるはずだ。

 

[/s2If]

via Cortex for Chrome Makes Sharing Faster, Prettier & More Fun Than Ever [ Mashable ]

Cortex

 http://cortexapp.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2