ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SVGGraphはPHP製のオープンソース・ソフトウェア。HTML5が正式に決まり、メジャーなブラウザがHTML5対応を強めている。そんな中、ようやく日の目を見そうなのがSVGだ。技術的には昔からあるものの、対応ブラウザが限られることもあってあまり使われてこなかった。


ScreenShot(2010-12-20 9.57.08).png

棒グラフ、円グラフ

SVGを使うと幸せなのが、クライアントサイドでレンダリングを行えるということだ。サーバサイドでは画像を生成する必要がなく、XMLベースでベクターデータを出力すれば良いだけだ。そしてSVGを使ったグラフライブラリがSVGGraphだ。


SVGGraphはPHPを使ってグラフを生成する。対応しているグラフは棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、散布図となっている。棒、円グラフは3D表示にすることも可能だ。画像とは異なり、リンクを埋め込むことができたり、値のツールチップを入れることもできる。


ScreenShot(2010-12-20 9.57.13).png

折れ線グラフおよび散布図

今のところ表示もシンプルなグラフなので、XMLを使って〜といったほどではないだろう。だが簡易的なグラフであれば十分表示できるということだ。さらにiPhone/iPadにも対応しているのが嬉しい。今後需要が増すであろう便利なライブラリだ。


MOONGIFTはこう見る

グラフライブラリは常に需要が高い。画像生成型、FlashとXMLを組み合わせたもの、JavaScriptでレンダリングするものなど様々だ。このSVGGraphの場合、PHPを使ってそのままレンダリングできるのでデータ受け渡しの仕組みを別途もうけないので良いのが手軽だ。

問題は対応ブラウザだが、今は徐々に増えているのでサイトの属性に応じて取り入れていけば良いだろう。サーバサイド生成型でないため、そうした機能がないサーバでも使えるのが便利だ。

Goat 1000 - SVGGraph - a PHP SVG graph library

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2