ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Zinnia on iPhoneはiPhone用のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。iPhoneはマルチタッチに対応し、スクロールの認識率も高いディスプレイになっている。だがあの小さな画面で大量の文章を書こうとは思えない。


認識率は高い

性能は優れているとは思うが、あのキーパッドでは誤認識することも多く、ストレスになってしまう。そこで考えたいのが新しい入力方式だ。フリップ入力も良いが、ここでは手書き文字認識に注目したい。そのデモアプリがZinnia on iPhoneだ。

Zinnia on iPhoneはiPhone上で手書き認識エンジンであるZinniaを利用するデモアプリだ。起動すると真っ白な空間が表示される。そこに文字を書いていけば良い。漢字はもちろん平仮名、カタカナ、数字も認識する。英語は無理なようだ。

中央に最も候補と思われる文字が表示される。その左右に他の候補が表示される。認識エンジンには定評のあるZinniaが使われているとあって精度は高い。キーボードでの入力を不得手とする子供や高齢者向けのアプリを作る際に参考になるのではないだろうか。


MOONGIFTはこう見る

手書き認識は昔からPDAに実装され、活用されてきた技術だ。iPhoneではスタイラスのようなデバイスを必要としないので、その場でささっと手書き入力できるのが魅力だろう。Zinnia on iPhoneはあくまでデモだが、学習機能などを含めることで魅力的な入力機能の一つになり得るはずだ。

なおiPhoneでは中国語については手書き入力がサポートされている。Zinnia on iPhoneはその一歩先、平仮名やカタカナ、数字までサポートする点が魅力だ。

iPhoneで手書き文字認識を行うサンプルアプリケーション - FLCL.jp

FLCLjp/iPhone-Zinnia - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2