ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

VideoJSはHTML5製の動画プレーヤ。WordPressやDrupal向けプラグインも提供されている。

VideoJSはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。H.264のライセンス問題が絡んでHTML5のvideoタグにおける動画フォーマットは定まっていない。最近ではGoogleがChromeにおけるH.264サポートを止めてしまうという発表まで行っている。


再生画面

Googleはオープンな動画フォーマットとしてWebMを推しているが、Appleは不支持であったりと混沌としている状況だ。だが既にHTML5を巡る動きははじまっている。そんな中開発されたのがVideoJS、HTML5用の動画プレーヤだ。

いくらWebブラウザが対応していると言ってもプレーヤがなければ話にならない。VideoJSはH.264/WebM/Oggに対応した動画プレーヤだ。HTML5対応であり、再生/停止はもちろん音量の調整や最大化表示もサポートしている。最大化表示はウィンドウ内であってディスプレイ全体ではないので注意したい。


YouTube風

対応ブラウザはGoogle Chrome/Safari/Firefox/Opera/IE9となっている。さらにiOS/Androidにも対応だ。WordPressやDrupal、jQuery用プラグインもある。CSSでYouTubeやHulu、Vimeo風にも表示できる。非常に魅力的な動画プレーヤだ。


MOONGIFTはこう見る

videoタグの問題が長引けば長引くほどFlashが得をする状況になる。それはサポートするフォーマットが分裂しても同様だ。Flashが隆盛になるのは決して悪いことではないが、HTML5が流行るための障害になるのは間違いないだろう。

WebMがデファクトになるのはオープンなWebを作る上では最も良い答えになるはずだ。後はH.264陣営との落としどころだろう。それまでは面倒ではあるが両方のフォーマットで出力しなければならないだろう。

HTML5 Video Player | VideoJS

zencoder/video-js - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2