ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

OpenJDK 1.7 OSX BuildはFreeBSD版のOpenJDKをベースにしたMac OSX用のJava SE 7。

OpenJDK 1.7 OSX BuildはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。Appleは1.6を最後にJavaのリリースをしないことを発表している。その代わりにOpenJDKに参加し、今後はOpenJDKのMac OSX版を提供をサポートしていくとしている。


新しいJavaを体験!

AppleとOracleではOpenJDK project for Mac OS Xなるものを発表し、OracleがMac OSX用のJava SE7を提供していくとしているが、いち早くOpenJDK 1.7を体験したいMac OSX開発者はOpenJDK 1.7 OSX Buildを使ってみよう。

OpenJDK 1.7 OSX BuildはFreeBSD版のOpenJDK 1.7をベースに、OSXでもビルドできるようにしたものになる。x86版およびi586版が開発、提供されている。インストールすると、OpenJDK提供のJava SE7がリストに追加されるようになる。バージョンは1.7_20.0-b03となっている。

32/64bit双方に対応している。OracleからかAppleからか分からないが、Java SE 7の提供はいつになるか分からない(予定は2011年中頃としている)。β版ではあるが、いち早く新しいJavaを試していきたい方はこちらをインストールしてみよう。


MOONGIFTはこう見る

Sunの買収以降、Oracleがそのオープンソース資産を色々な形で破壊している。JavaについてもAndroid絡みをはじめとして色々な問題を起こしている。そんな中でJava SE 7の予定通りのリリースが行われるかあ甚だ疑問だ。

完全にオープンソース・プロジェクトに移行したとしたらエンタープライズで信頼性の高いJavaのブランドに問題が生じる可能性がある。Oracleの下、開発が続けられるのはJavaとしては良い形だろう。とはいえOpenJDKにも一縷の望みを感じてしまう。

openjdk-osx-build - Project Hosting on Google Code

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2