ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

munkiは任意のソフトウェアに使える汎用的ソフトウェアアップデーター。

munkiはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。社内システムの管理者として大事な仕事の一つがPC内で使われているソフトウェアのバージョン管理だ。適切なバージョン管理が行われていないと、セキュリティホールになったり、サポートが困難になってしまう。


メイン画面

OSや大手の販売するパッケージであれば独自のバージョン管理システムがついているが、一般的なソフトウェアではなかなか難しい。しかしmunkiを使えば独自のソフトウェア更新システムが構築できるはずだ。

munkiはMac OSXにインストールするソフトウェアで、汎用的ソフトウェア更新チェックツールになっている。設定ファイルにて指定した場所に更新するソフトウェアを配置することで、定期的にシステムの更新をチェックしてくれるようになる。


インストーラー

OS標準のソフトウェアアップデートに似たインタフェースになっており、更新があった場合もクリック一つでインストールできるようになっている。使えるフォーマットはAppleパッケージ、Adobe CS系パッケージ、ドラッグアンドドロップのインストーラーソースとなっている。個人では使わないと思われるが、企業におけるMac OSX利用率が高まってきた際には導入したいソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

Windowsにおいても同様の仕組みが欲しいソフトウェアだ。OS本体についてはセキュリティアップデートを自動的にチェックする仕組みはあるが、それ以外のソフトウェアではあまりない。Mac OSXでは個別にソフトウェアが起動時にバージョンチェックするのが一般的だ。

munkiを使えばそうしたバージョンアップデートの作業を一元的に管理できるようになる。小さなユーティリティをはじめ、管理外になってしまいがちなソフトウェアをまとめて管理するのに最適だろう。

munki - Project Hosting on Google Code

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2