ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

earthquake Notifyは緊急地震速報を受信して通知表示するGoogle Chrome機能拡張。

earthquake NotifyはGoogle Chrome用のフリーウェア。東北地方太平洋沖地震はこれまでにない大規模な震災になっているが、その余震についても大きなものが数多く起きている。いつになったら安心できるのかと不安を感じている人も多いだろう。


通知が出た所

iPhoneは対応していないが、携帯電話には緊急地震速報を受信する機能が備わっている。そのため今では度々鳴っているのではないかと思われる。しかし日常業務中においては携帯電話よりもWebブラウザで見られる方が便利かもしれない。それを可能にするのがearthquake Notifyだ。

earthquake NotifyはGoogle Chromeの機能拡張として動作するソフトウェアで、震度3以上の地震が発生することを感知すると通知が出るようになっている。Chrome上に出る訳ではないので、Webブラウザを見ていない時にも通知が分かるのが便利だ。

地震速報が発せられた日時、場所、震度、強さが確認できるようになっている。特に自分の住所などを設定できる訳ではないので、震度3以上の地震があれば場所がどこであれ表示されるかも知れない(今の所は岩手沖のみ確認)。なお100%完璧に信頼していいという訳ではないので、自衛は別途きちんと考えなければならない。


MOONGIFTはこう見る

今回の震災の中で、旧来のネットワーク(固定電話、携帯電話)の弱さと逆にインターネットの強さも明らかになった(両社得手不得手があるが)。今後、緊急時の対応においてインターネットも積極的に活用されるようになるだろう。

リアルタイム性が重視される中では旧来のネットワークが強いが、震災が起きてしまった後はインターネットの方が強い。earthquake Notifyのような仕組みにおいてもP2Pを活用するようにすれば、もっと信頼性高く利便性の高いものになるのではないだろか。

earthquake Notify(地震速報 beta) - Google Chrome 拡張機能ギャラリー

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2