ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ChameleonはiOS向けのコードをMac OSXアプリにも転用できるようにするプロジェクト。

ChameleonはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。iOSとMac OSXは同じObjective-Cを使ってアプリの開発が出来る。元々Mac OSXのサブセット+αという雰囲気に見えたiOSだったが、実際には独自の機能、コンポーネントが多数利用されている。


デモアプリ

そのためiOS向けに開発したアプリのUIをMac OSX用アプリに転用するのは困難だ。しかしそれを実現するために行われているプロジェクトがChameleonだ。

ChameleonはiOSコンポーネントをMac OSXでも使えるようにすべく開発が進められている。これによってiOSアプリからMac OSXに入った開発者が、iOSアプリを少ない修正でMac OSXアプリにし、使ってもらえるようになるのだ。


デモアプリ2

具体的にはiOSが使っているUIKitをMac OSX向けのApplication Kitにポーティングする。もちろんiPhoneとMac OSXではデバイスとして可能なUIに大きな開きがあると思われる。だがiPadならばデスクトップとさして変わらないUIが実現できるのではないだろうか。


MOONGIFTはこう見る

Chameleonが面白いのは公開されている情報のみを使うことで、App Storeの基準を満たしているということだ。これによってAppleの規則に違反することなく、iOS向けアプリをMac OSX向けにApp Storeを通じて販売できるようになるのだ。

コンポーネントとしてはアドレスブック、メディアプレーヤ、メッセージ、ストアキット、UIKitなどが実装されている。iOS開発者がiOSのみならず、Mac OSX向けアプリへと進出する際に注目したいソフトウェアと言えるだろう。

Chameleon - UIKit for Mac development

BigZaphod/Chameleon - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2