ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

BananaTunesはiTunesをAirPlay受信可能にするソフトウェア。

BananaTunesはMac OSX用のフリーウェア。Appleの製品はここ、というところで連携がとれるようになっている。その一つがAirPlayだ。iPhoneやiPadに入っている動画や音楽をAppleTVにストリーミングで手軽に視聴できる便利な機能だ。

ScreenShot(2011-05-09 16.09.38).png

しかし便利な機能だからこそ他のデバイスでも使いたくなる。母艦側は基本的にデータの送信側にしかなれなかった。しかしBananaTunesを使えば受信側になれる。

BananaTunesを立ち上げた後、iOSのPodや動画プレーヤを見るとAirPlayの対象先に母艦のコンピュータ名が表示されるようになる。ここを接続先に選ぶと、母艦のスピーカーから音楽が流れ始める仕組みだ。iPhoneと関係ないデスクトップでも良いので、友人の家やオフィスのコンピュータでみんなで聴くといったこともできる。


AirPlay先の指定

動画も使えるのだが、音声だけが母艦から流れて映像はiOSのままとなってしまった。これだと却って見づらそうだ。基本は音楽のみになるだろう。iPhoneと母艦も常に接続して同期している訳ではない。iPhone独自のデータを母艦でも楽しめる、便利なソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

仕組みとしてはShairPortと同じだろう。ShairPortはオープンソースだが、BananaTunesはフリーウェアになる。ShairPortはコマンドラインで使うが、BananaTunesはGUIアプリケーション(特に機能はないが)として提供される。一般的にはBananaTunesのが使い勝手が良さそうだ。

受信するためには秘密鍵が必要で、BananaTunesには確かに秘密鍵が同梱されている。リバースエンジニアリングの結果なので、Appleからの抗議があれば削除せざるを得ないだろう。ユーザにとっては非常に便利なだけに、もっと広く使えるようにAppleが公式として出してほしいソフトウェアですらある。

via BananaTunes

Index of /ananab

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2