ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

appMLはjQTouchをはじめとするHTML5/JavaScriptライブラリを組み合わせたiOSをはじめとするスマートフォン向けHTMLフレームワーク。

appMLはHTML5/jQuery/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。多様なWebブラウザが乱立するデスクトップの世界と違って、スマートフォンの世界はとてもシンプルだ。ほとんどがWebKitで統一されている。WebKit自身はオープンソースであり、開発者としてはとてもやりやすい。


iPhone向け

今後、ネットアクセスデバイスはデスクトップからモバイルへ移っていく。そんな時代の中でスマートフォン向けWebアプリケーションを開発するのに使えるフレームワークがappMLだ。

appMLはjQTouchやiScrollをベースに開発されているスマートフォン、iPad向けのフレームワークだ。PhoneGapの公式ツールであり、iPhoneやiPad向けのWebアプリケーションであったり、PhoneGapでラッピングしたネイティブアプリを開発するのに利用できる。


iPad向け

Safariからのアクセスの場合はホームボタンへの追加を促すバルーンが表示される。テーブルビュー、フォーム、アラート、ボタン、水平スクロール、Googleマップなど様々な表示がサポートされている。iPhone、iPad向けのWebアプリケーションを開発する際に使ってみたいライブラリだ。


MOONGIFTはこう見る

iOS向けのデザインテンプレートは数多いが、jQTouchはさらに一歩踏み込んでクライアントサイドの面倒を全て見てくれる。そのため、自由度は低くなってしまう傾向があるが、使い方になれればより早くWebアプリケーションが構築できるようになるはずだ。

デスクトップ向けでもこれくらい素早くUIが組み立てられるようになれば、Webアプリケーションが数多く出てくるはずだ。appMLがiOS向けのWebアプリケーション開発を一歩、二歩も前進させてくれる可能性はありそうだ。さらにPhoneGapでラッピングすれば、ネイティブアプリの開発までできてしまうのが魅力だ。

デモ:appML - Demos

appML

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2