ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

JMongoBrowserはマルチプラットフォームで動作するMongoDB管理ソフトウェア。

JMongoBrowserはWindows/Mac OSX/Linux用のフリーウェア。NoSQLの採用が増えてきた。メインで使う場合もあるが、今のところは補助にシステムで、特にNoSQLが有効に使える場面で採用することが多いようだ。


メイン画面

使われることが増えれば、自ずと管理インタフェースが必要になる。実際に登録されているデータを閲覧したり更新する、そのためのソフトウェアがJMongoBrowserだ。

JMongoBrowserはGUIアプリケーションとして提供されるのが利点と言える。サーバに接続し、DBを一覧したりコレクションを閲覧することができる。ドキュメントをアップデート、複製、削除することももちろん可能だ。コレクション自体の操作もできる。


クエリーウィンドウ

さらにJSON/BSON/CSVを使ったインポート、エクスポートにも対応している。結果はタブで開けるので複数のコレクションをまとめて開いて確認できる。RDBMSとは考え方が異なるので、データの閲覧方法には若干の慣れが必要かもしれない。だがMongoDBを使って開発する上で管理UIがあるのはとても大きなメリットだ。


MOONGIFTはこう見る

管理UIの存在はシェア拡大に大きな貢献をするだろう。MySQLの広がりに際してphpMyAdminが担った役割はとても大きかったはずだ。各NoSQLサーバについても同じで、使いやすい管理UIがあるかどうかで今後のシェアが大きく変わってくるのは間違いない。

とは言え、NoSQLにおける管理手法がRDBMSと同じような形で良いのかどうかは疑問だ。JMongoBrowserはどちらかというと旧来のDB管理に近い。だがスキーマレスであるために表示が一覧になってしまっているのが問題だ。もっとより良い一覧が作れる管理UIがあれば、人気を集めることもできるだろう。

AG’s site / EdgyTech » JMongoBrowser

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2