ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone JS ConsoleはWebSocketを使って母艦から任意のJavaScriptをiOSにて実行させる。

iPhone JS ConsoleはiOS用、JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。iOSにプログラマとしてアプローチする方法は大きく分けて二つある。一つはネイティブアプリを開発する方法で、もう一つはWebベースでサービスを提供する方法だ。


アラートも出る

WebベースであってもHTML5の力もあってそこそこの機能が提供できる。しかしiOSの開発においてJavaScriptのデバッグをするのはとても大変だ。そこで頼りになるのがiPhone JS Consoleだ。

iPhone JS ConsoleはRubyベースでWebSocketサーバを立てる。そしてiOSからWebSocketサーバに接続する(サンプルのHTMLファイルが同梱されている)。そうするとWebSocketサーバにiOSからコネクションが貼られて、JavaScriptが実行できるようになる。


母艦のコンソール

後は母艦から任意のJavaScriptを実行して結果を得られるようになる。iPhone JS Consoleを使えば現在の値の状況などが手に取るように分かるようになるはずだ。iOS上でJavaScriptをデバッグするよりも簡単に開発できるようになるだろう。


MOONGIFTはこう見る

仕組みから言えば、WebSocketサーバからJavaScriptのコードを送信し、それをiOS側で評価して結果を返すという仕組みになっている。実行した変数はそのまま保持されているので、続けて処理を行っていけるのが便利だ。母艦で入力し、実行はiOS側というのが面白い。

iOS側でJavaScriptを入力して実行させても良いが、長文を入力する気にはとてもなれない。iPhone JS ConsoleはサーバからのPushとiOSからのPushを上手に使っているソフトウェアと言えるだろう。Webアプリケーションのような複雑なJavaScriptを使っている時に特に有効だ。

shokai/iphone-js-console at - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2