ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

in the boxはiOS上でDalvik VMを動作させ、AndroidアプリをiOS上で動かそうとするプロジェクト。

in the boxはiOS用のオープンソース・ソフトウェア。筆者環境ではうまくいっていないのだが、非常に興味深いプロジェクトなので紹介したい。スマートフォンの世界は大きく分けて2〜5くらいのOSが争っている。iOSとAndroidが二強で、Blackberry、Windows Phone、webOSと続いている。


プロジェクトサイト

プログラマーにとっては各デバイス単位で開発するのは面倒であり、一つのバイナリで動かしたいと思うはずだ。それを実現するのが双方の環境で動作するTitaniumだったのだが、in the boxはJavaVMをiOSアプリにインポートしてしまう試みをしている。

in the boxはAndroid用のVMであるDalvik、そしてGingerbreadのAndroid APIをiOSにポートする試みを行っている。つまりAndroidで動作するアプリをiOSでも動作させてしまおうという訳だ。これがもし動くならば、Windows開発者でもiOSアプリを開発できる状態になりえるのだ(実際のコンパイルはMac OSXが必要だが)。

デモの動画ではAndroid用のアプリをコンパイルし、最終的にJarファイルを生成する。それを指定されたディレクトリの中に入れてiOSアプリとしてビルドすると、iOS上でDalvikが起動してJarファイルを実行するようになっている。今後の発展が気になるとても面白いソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

スマートフォンは開発者が新しい試みに挑戦し、それを発表できるとても面白いプラットフォームになっている。筐体が小さいためにリソースが限られ、できることが限られる。それをこじ開けて実装し、動作させるところに面白みがある。

それは同時に新しいビジネスチャンスでもあるということだ。TitaniumがJavaScriptでスマートフォンアプリをまとめて開発できる環境を用意していたり、FlashをHTML5に変換してiOS上でも見られるようにしたりする試みも行われている。ぜひ、果敢にチャレンジしてほしい。

Home

in-the-box - Porting of Gingerbread Android runtime on top of iOS - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2