ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone Simulator CaptureはiOSシミュレータと連携するiOS用キャプチャソフトウェア。

iPhone Simulator CaptureはMac OSX用のソフトウェア。iPhoneアプリを販売する際にApp Storeにただ並べていても人気が出る訳ではない。アプリを紹介するサイトを作ったり、デモの動画を公開するなど独自にアピールが必要だ。


メニュー

アプリのデモ動画を撮影する際には、実機を操作しているところを撮影する他、シミュレータの画面をキャプチャするという方法も考えられる。使うのはiPhone Simulator Captureだ。

iPhone Simulator CaptureはSIMBLプラグインとして提供されるソフトウェアだ。そのため、まずはSIMBLをインストールした上でiPhone Simulator Captureをプラグインに配置する。それが終わったらiOSシミュレータを立ち上げる。


動画

そうするとRecordingメニューが追加されているはずだ。そこからRecordingを選ぶとフローティングウィンドウが表示される。後はキャプチャを開始したらiOSシミュレータを操作する。動画はMPEG4で撮影されるので、完了したら保存すれば良い。

動画はマウスカーソルが丸い半透明の表示になり、操作している雰囲気が分かりやすい。画面だけにすることも、デバイスの枠を表示することもできる。iOSアプリ開発者必携のソフトウェアと言えるだろう。


MOONGIFTはこう見る

キャプチャツールというのはあまり多くなく、非常に重宝する存在だ。Webサービスのデモをしたり、ソフトウェアの操作説明を行う際などに活躍する。優秀なソフトウェアが多いため、はじめは無料だったのに有料になってしまうことも多いので、気になったらダウンロードしておくのが良いだろう。

それぞれのキャプチャツールには撮影を行うソフトウェアの向き不向きが存在する(Web用か、ローカルソフトウェア用かなど)。iPhone Simulator CaptureはまさにiOSシミュレータ用だ。iOSの開発を行う際には必ずチェックしておきたい。

davbeck/iPhone-Simulator-Capture - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2