ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

addTouchはデスクトップ向けWebブラウザでマルチタッチを擬似的に再現できるJavaScriptライブラリ。

addTouchはJavaScript製のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。スマートフォン向けWebサイトを開発するのは大抵デスクトップ上で行うはずだ。スマートフォンの上で開発する訳ではない。そのため実際に作って、その後スマートフォンでテストを行う必要がある。


回転したり動かしたり

厄介なのはiOSに代表されるマルチタッチ操作だ。これをデスクトップ上でうまく再現するのは厄介でデバッグに時間を費やしそうだ。そこで使ってみたいライブラリがaddTouchだ。

addTouchはデスクトップのWebブラウザでマルチタッチを実現できるライブラリだ。まずクリックして指の位置を決める。これは数カ所配置が可能だ。一カ所ポイントしてそれをドラッグすればターゲットを動かすことができる。二カ所ポイントして片方を動かせばズームイン/アウトの操作ができる。


二つを連動したり、個別にしたり

対象となるオブジェクトが指定されていれば、一つは動いてもう一つは動かないと言ったことも可能だ。さらにWiggle in syncというモード(右クリックで出る)を有効にすると、複数のオブジェクトを連携して動かせるようになる。スマートフォンやiPad向けのWebアプリケーションを開発する際に使いたいライブラリだ。


MOONGIFTはこう見る

Webアプリケーションでできることがどんどん広がっているため、ネイティブアプリに頼らずとも様々なことが実現できるようになっている。インストールする手間がない分、Webアプリケーションの方が手軽に使い始められるのが利点だ。

しかし開発者にとっては幾つものプラットフォームに対応するのはとても大変で、さらに特定のプラットフォームでしか使えない機能があるのはあまりにも面倒くさい。addTouchを使えばその工数が幾分低減できる。こういうライブラリは今後ニーズが高まっていくだろう。

Using addTouch to emulate webkit touch events in desktop browser » Attrakt

atornblad/addTouch - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2