ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Pico-galleryはRuby on Rails製のシンプルなアルバムソフトウェア。

Pico-galleryはRuby/Ruby on Rails製のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。デジカメの時代になって写真コンテンツはオンラインに溢れかえるようになった。その撮りためた写真はHDDの肥やしにするのではなく、何らか見せられる形にしなければ勿体ない。


アルバム画面

PicasaやFlickr、Facebookのようなサービスにアップロードするのも良いだろう。だが、やはり自分のサーバに保存しておきたいと考えるならばPico-galleryを使ってみよう。

Pico-galleryはRuby on Railsで作られたギャラリーソフトウェアだ。左側にカテゴリー、右側に写真がサムネイル表示される。写真をクリックするとその場にフローティングウィンドウが表示されて拡大されるので、次々に写真を見ていけるのが便利だ。


管理画面(公式サイトより)

カテゴリを選ぶと写真が絞り込まれるようになっている。また、管理画面にて写真をアップロードしたり、編集する仕組みになっている。全体的にシンプルなシステムだが、見た目は奇麗なので写真が映えるだろう。アルバムアプリケーションのベースとして使ってみても面白いだろう。


MOONGIFTはこう見る

旅行や何かのイベントに参加した時などは写真をたくさん撮ることだろう。その時の写真をどう見せるかが重要だ。写真は見せ方一つで楽しさが変わる。ただ一覧しただけでは何の面白みもない。また、コメントの付けやすさであったり、レーティングのようなコミュニケーションが取れる仕組みを用意しなければならない。

アルバムソフトウェアはシステム的にはシンプルなものが多く、その代わりに見せ方やデザインに凝ったものが多い。FlickrやPicasaのようにストレージで対抗するのは難しいが、見せ方ならアイディア次第だ。OpenCVのような外部ライブラリと組み合わせても面白いだろう。

via Open Source Rails | Pico-gallery

Pictures of love

Fotom/pico-gallery - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2