ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

HSImageSidebarViewはKeynote for iPad風のUIを実現するモックアップアプリ。

HSImageSidebarViewはiPad用のオープンソース・ソフトウェア。iOSを最も良く知っているのは誰かと言えば、Appleを置いて他にないだろう。OS自体やiPhone、iPadという筐体についても知り尽くしているので、彼らが作るアプリはさすがと思わされるものが多い。


縦型

操作性はもちろん、ボタンの配置についても使いやすいように並べられている。そんな彼らのアプリのUIを真似れば、ユーザビリティの高いアプリが作れるかもしれない。その一つとしてHSImageSidebarViewを紹介しよう。

HSImageSidebarViewはiPad用Keynote風アプリのモックアップだ。左側にサムネイル画像が並び、右側にスライドのコンテンツが表示される。スライドにあるボタンを押すことでスライドを追加したり、消したりすることができる。


横型

サムネイルはスライド操作できる。スライドに限らず、写真やニュース系アプリに使いこともできそうだ。縦、横どちらの表示にも対応している。左側のメニュー部分が狭いので、テキストなどを表示するのには向かないだろうが、適切なアプリを選べば便利に使えるだろう。


MOONGIFTはこう見る

iOSではデフォルトのUIコンポーネントを組み合わせてもそれなりのアプリになる。だが一歩抜きんでたアプリを目指すならばやはりこだわりが必要だ。とは言え既に大量のアプリが公開されているので、それらを参考にするのが良いだろう。ユーザにとっても既に使い慣れているアプリに似ている方が使い勝手が良いはずだ。

その意味ではApple純正のアプリは大いに参考になる。Appleでさえ逆に人気のあるアプリを真似ているのだ。その逆をやって何が悪いというのだろう。ちょっと一般的ではない仕組みも純正を真似ればユーザはすぐに慣れてくれるはずだ。HSImageSidebarViewのようなアプリは他にも考えられそうだ。

bjhomer/HSImageSidebarView - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2