ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TwUIはTwitter社が開発しているGPUなどを使ったUIフレームワーク。

TwUIはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。OSには大抵デフォルトで用意されているコンポーネントがあり、それを使うことでアプリケーションの開発を手軽にできるようにしている。だが、その枠内だけで十分かと言われるとそうでもない。


サンプルアプリ

もっと複雑な描画をしたい、もっと高速化したいといったことを考えると標準の枠では収まらない新しい一手を考えなければならない。Twitterでさえそうだ。その実験モデルがTwUIになる。

TwUIは現在リリースされているTwitter for Mac OSXではない、次世代のTwitterクライアントに投入されるであろう技術のモックアップだ。起動するとテーブルビューが表示され、ウィンドウ下にツールバーが出る。iOS向けなどでよく知られるTwitterクライアント風の表示だ。

まずレンダリングにおいてGPUを使うことで高速化をしている。さらにシンプルなMVCモデルを実現することでiOS開発者になじみ深い形にしている。UIKitにインスパイアされているが、ブロックベースのレイアウトや座標系の統一などが異なるとのこと。Twitterアプリのさらなる進化を予感させる面白い試みだ。


MOONGIFTはこう見る

ぱっと見た感じではやはりiOS(特にiPhone)に似た印象を受ける。Mac OSX LionはiOSにぐっと近づくと言われているので、アプリケーションのインタフェースもiOSのものに近い形になっていく未来を予感させる。とは言えマルチタスクとシングルタスクの違いは大きいので、あまりボタンなどが大きく画面を占有する形なのも困るのだが。

Windowsではメニューやツールバーがウィンドウ上部に貼り付くが、Mac OSXではメニューが常に画面上部にあり、ツールバーも最近では小さくなってきている。OSでさえ未だに模索しているのだから、ユーザにとって使いやすいインタフェースはいかなるものか、アプリやWebサービスは常に考えなければならないだろう。

twitter/twui - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2