ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MochaUIはMootoolsを使ったWebアプリケーション向けUIキットライブラリ。

MochaUIはMootools/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。これまでのローカルアプリケーションをWebベースに置き換えてしまうWebアプリケーションが続々と登場している。サーバのリソースをうまく使えばスペックの低いPCでも高度な操作ができるようになる。


ウィンドウ

今後どのようなソフトウェアがWebアプリケーション化するだろうか。もし自分の使っているソフトウェアをWeb化したいと思うならば、UIキットにMochaUIを採用してみてはいかがだろう。

MochaUIはMootoolsを使ったUIキットだ。Webブラウザ上ながら高度なUIを実現できる。階層に対応したメニュー、ツリー表示、カレンダー、グリッド、タブ、並び替えに対応したパネル、ウィンドウ単位のタスクバーなどまるでローカルソフトウェアのようなUIが実現できる。さらにテーマにも対応だ。


一気に並べることもできる。

任意の大きさでウィンドウを作成できる。Ajaxを使ったり、iframeを使うこともできる。ダイアログだけでなく、フローティングの通知や入力を促すウィンドウも表示可能だ。この手のソフトウェアの有名な物としてはYUIやExt JSが知られているが、Mootools好きの方はMochaUIがいいだろう。


MOONGIFTはこう見る

この手のソフトウェアを使うとWebアプリケーションの構築がとても容易になる。一般的なWebサイトの構築には向かないが、業務向けのWebアプリケーションであればぴったりだ。特にWindowsをはじめとするこれまでのローカルアプリケーションに近いUIやコンポーネントが多いのでスイッチングコストも低く済むのがメリットだ。

難点としてはUIキットの機能に引きずられてしまうということだろう。あまりに高度なUIであるために内部が複雑であり、拡張が困難になってしまうのだ。その点、MochaUIであれば既存のMootoolsのプラグインと組み合わせて使うことも考えられそうだ。

MochaUI - A web applications user interface library

デモ

mui/mochaui - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2