ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SafariOmnibarはSafariのWeb検索フィールドを消してアドレスバーからWeb検索を行えるようにするSIMBLプラグイン。

SafariOmnibarはMac OSX用Safari向けのフリーウェア(ソースコードは公開されている)。最近のWebブラウザではアドレスバーの横に検索のためのテキストフィールドが表示されている。ここからWeb検索がすぐにできるので便利だ。だがGoogle Chromeにはそのようなフィールドがない。


統合

アドレスバーに検索語を入れるとすぐに検索できるのだ。アドレスバーとWeb検索フィールドを間違えた経験がある人にとってはこちらの方が都合がいい。それをSafariでも実現するのがSafariOmnibarだ。

SafariOmnibarをインストールするとSafariのWeb検索フィールドが表示されなくなる。その代わりにアドレスバーに直接検索語を入力してエンターを押せばWeb検索が行われる。まさにGoogle Chromeライクな動作になる。Web検索を良く使う人にはこちらの方が使いやすいだろう。

Safariの機能拡張ではなく、SIMBLプラグインとして開発されているので注意が必要だ(SIMBLをインストールする必要がある)。同じような入力フィールドが複数あると混乱したり間違ってしまうことがある。一つに統一してあれば入力ミスもなく、ストレスが軽減されそうだ。


MOONGIFTはこう見る

入力する場所があるとユーザは迷ってしまう。使わないものはそもそも出さないようにしたり、統合してしまう方が都合がいい。アドレスバー自体常時表示しておくべきかと言えば、そんなことはないだろう(フィッシング防止措置は必要だが)。

色々な情報を表示しておくというのはユーザがすぐにアクセスできて便利だと思う反面、実際の利用者としては情報過多で混乱の元になる場合が多い。どこまで必要な情報を絞り込めるか、その観点を常にもつことが重要だ。

rs/SafariOmnibar - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2