ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

LightWriteは余計な情報を排することで集中できる環境を作るWebベースのテキストエディタ。

LightWriteはDjango製のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。集中して文章を書くコツ、それは余計な情報を視野に入れないことだ。コンピュータの中には誘惑がとても多いため、通知機能やWebブラウザから見える情報が集中力を切らしてしまう。


メイン画面

そんな訳で画面いっぱいにエディタエリアが広がるソフトウェアが人気なのだが、インストールしたりダウンロードするのも面倒という人はLightWriteを使ってみよう。これならWebブラウザだけで利用できる。

LightWriteにアクセスすると、LightWriteのヘルプページが表示される。しかし実際にはここでいきなり文章が編集できてしまう。単に表示されているだけかと思いきや、実際にはテキストエリアになっているようだ。ブラウザをフルスクリーン表示にすれば、何の障害もない、集中できる文章環境が出来上がる。


保存完了!

URLには文章ごとに生成されるキーがある。このURLにアクセスすればいつでも編集できる。逆に言えばセキュリティの仕組みはないので注意してほしい。編集したらマウスを画面下部にもっていくと保存したり、ファイルとしてエクスポートしたり、白黒反転させることができる。Webブラウザ上でも集中して物書きに励みたい方はぜひ。


MOONGIFTはこう見る

個人的にはEmacsを常にフルスクリーンモードで表示して文章を書いている。一行あたりの文字数も覚えているので、もうこの画面の大きさと文字の大きさでないと書きづらく感じてしまうくらいだ。余計な情報がない環境であれば、人は余計なことは考えずに済む。考えないということは没頭できるということだ。

集中する際に使える手なのが「これがあれば集中できる」という暗示をかけることだ。例えば集中できるエディタだ、と自分で信じ込むことで使っていると実際に集中できるようになる。LightWriteは集中できるエディタなので、ぜひトライを(必ずフルスクリーンにしなければならないが)

LightWrite - Gun.io

Miserlou/LightWrite - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2