ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Kaxamlは.NETアプリケーション開発で使われるXAML編集エディタ。リアルタイムプレビュー機能付き。

KaxamlはWindows用のオープンソース・ソフトウェア。XAMLというXMLベースのマークアップ言語がある。Microsoftの開発したマークアップで、.NETアプリケーションのUIやイベント処理などを定義するのに用いられる。XMLなのでテキストエディタでも編集が可能だ。


メイン画面

テキストを描くのはもちろん、アニメーションを実行したり、3Dオブジェクトを描くこともできる。そのまま使うよりも.NETに組み込んで利用されるものだが、ビジュアル的な確認をしつつ編集したいなら使えるのがKaxamlだ。

KaxamlはXAML編集専用のエディタだ。3ペイン構成になっており、左側にツールやメニュー、右上がXAMLのレンダリング結果、右下にXMLコンテンツが表示される。アプリケーションそのもの以外でもHTMLのようにドキュメントを描くのにも使えそうだ。


アニメーション

ツールからスニペットを選べば簡単にアニメーション、2Dオブジェクトの埋め込みができる。色の設定なども簡単だ。XMLエディタ部分では入力補完機能が備わっているのでXAMLの編集が容易だ。.NETの開発環境を使ってもできるだろうが、よりXMLを深く探求したい人はKaxamlをお勧めする。


MOONGIFTはこう見る

XMLは冗長的でいやなのだが、Javaや.NET界隈では未だに使われ続けている。バイナリよりはマシだと思うが、それでも編集のしづらさはない。テキストエディタで編集する気にはなれず、専用エディタが欲しくなる。特に細かな調整はビジュアル的に行うよりもXMLエディタの方が操作しやすい。

Kaxamlはリアルタイムの検証ツールが組み込まれているので、間違った定義をすぐに修正できる。.NETアプリケーションのUIモックアップを作るのに便利そうなソフトウェアだ。また、XMLベースの構造が把握できれば、.NETアプリケーションの挙動も理解しやすくなるかも知れない。

Kaxaml

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2