ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Minimum Profitはタブ型のプログラミングエディタです。Qtを使い、LinuxやWindowsで動作します。

プログラマーは単なるテキストエディタではなくプログラマー用エディタを選ぶべきです。LinuxとWindows環境の両方をよく使う人であれば試してみてほしいのがMinimum Profitです。


ファイルを開いたところです。タブ管理されています。


ファイル内検索ができます。


ファイルにパスワードをつけて暗号化する機能があります。


ジャンプ機能が豊富です。


開いているファイルの一覧機能があります。


設定はOptionsメニューに統合されています。


例えばタブサイズの設定です。


改行コードの設定もできます。


ワードカウントです。


マーク機能があります。マークしてある部分だけをコピーしたり切り取ったりできます。マークは矩形にされるようです。


普通に文字列選択もできます。


自動実行のアクションもあります。

Minimum Profitではマクロの記録、実行機能があったり、システムコマンドを実行する機能もあります。シンタックスハイライトは色々な言語に対応しているようです。さらにタグジャンプもできるなどプログラマーにとって便利そうな機能がそろっています。

Minimum ProfitはWindowsやLinuxで動作するオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。


MOONGIFTはこう見る

個人的にテキストエディタが決まったのは選び出してから2年くらいかかったように思います。Windowsで有名なエディタはほとんど試し、さらにVimやEmacsなどを経て結果的にEmacsに落ち着きました。そこから10年近くEmacs一本になります。手になじみすぎて新しいエディタを試す勇気はないのですが、新しいエディタはやはり興味があります。

プログラマーにとってはエディタは手足となる仕事道具です。それだけに自分の手にぴったりと馴染むものを時間をかけて選んでほしいと思います。それによって個人の生産性は大きく変わります。ちょっとでも違和感を感じるならばぜひ他のエディタを検討してください。

Ángel Ortega: Minimum Profit

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2