ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Noble Ape Simulationは類人猿の生活をシミュレーションするソフトウェアです。

昔なつかしライフゲームはドット単位の疑似生命体に一定の法則を与えてシミュレーションするものでした。しかし現在はコンピュータの性能もあがっています。疑似生命体ではなく類人猿をターゲットにさえできます。それがNoble Ape Simulationです。


起動するとすぐに動き出します。基本的にすることは何もありません。


夜になったりもします。動きが鈍くなるグループ(?)、活発になるグループがあります。

Noble Ape Simulationはライフゲームにも似ていますが、交わった場合でも特に変化が起こることもないようです(もしかしたら起きているかも)。また水と陸地があるので動きに変化があります。何となく類人猿になった気分で眺めてみるといいと思います。

Noble Ape SimulationはWindows/Mac OSX/Linuxで動作するオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

Noble Ape Simulationだけ見るとなんだこれと思ってしまうかもしれませんが、シミュレーションという分野はとても興味深いものがあります。シムシティなども何らかのパラメータを与えて自動操作したら、どんな町が作られるのか興味があります。そこには単純な規則性以外の要素(感情や年齢など)もたくさん関わってくるはずです。

昔のライフゲームからはじまって、コンピュータ内で疑似生命体を育てる研究は非常に熱心です。とはいえ一定の法則がある訳でもなく、人工知能はまだまだ初歩段階ではあります。個人でも試せることがたくさんあります(人工無能もその一つと言えます)。この分野も調べてみると面白い発見がたくさんあるのではないでしょうか。

Noble Ape Simulation: October 2011

the Noble Ape Simulation | Free Graphics software downloads at SourceForge.net

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2