ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CloudShotはウィンドウや範囲を指定したスクリーンショットを撮影するソフトウェアです。Dropboxとも連携します。

windowsでスクリーンショットを撮って、それを画像として保存してDropboxでアップロードする。そこまでの流れを一手に行ってくれるのがCloudShotです。とてもシンプルですが、使い勝手は良いです。


インストールします。待っていれば終わります。


完了するとタスクトレイに常駐します。


設定画面です。Dropboxがインストールされていると連携します。


スクリーンショットの撮影は範囲を指定して行います。範囲指定の他、ウィンドウをクリックしてウィンドウのスクリーンショットも可能です。


撮影した内容がイメージビューワーで表示されます。このとき、クリップボードにファイルのパスがコピーされます。


デモ動画です。

Dropboxがインストールされていると、Dropbox上でのURLがクリップボードに入るようになっています。ホットキーはScreenshotキーになっています。普段使っているScreenshotの代わりに使えるソフトウェアです。

CloudShotはWindows用、GPL v2のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Windowsのスクリーンショット機能はとても使い勝手が悪いと感じているのですが、Windows 98の時代から(95以前がどうだったか忘れました)全く進化していません。ただ画像として保存してくれるだけで十分なのですが、それがなかなかできません。そのためパワーポイントにスクリーンショットを貼付けたファイルがメールで送られてきたりします。

ただプログラマはそこで悲観するだけでなく、なんとか解決すべく手段を色々と考えています。個人的にはCapture STAFF - Light -というソフトウェアを長年愛用しています。運用方法によりますが、スクリーンショットを撮影するソフトウェアだけは予め用意しておいて決して損はないはずです。

via CloudShot is a Screenshot Capture Tool that Automatically Uploads to Dropbox

CloudShot

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2