ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

textyはシンプルなUIの複数タブ対応、自動保存機能付きのMac OSX Lion向けテキストエディタです。

開発にIDEを使っている人の多くはテキストエディタは別なものを使っているかと思います。今回紹介するのはtexty、超シンプルなUIを持ったMac OSX Lion用のテキストエディタです。


メイン画面です。テンポラリファイルを自動で作ってくれます。保存も自動です。


Lion向けなのでフルスクリーンモードにも対応しています。


タブを追加しました。


テキストの差分表示もできます。

textyの特徴としてはコマンド機能があります。Runで開いたウィンドウに対してファイルのパスやファイル名などを特殊な文字で指定してコマンドを実行できます。コマンドを使うとHTTP上のファイルもダウンロードして開けます。ターミナル上のコマンドが使えるので色々遊べそうです。自動保存されたデータは自分のホーム以下の指定場所に保存されるので、いざという時に差し戻すのも簡単です。

その他、簡単なシンタックスハイライトが備わっています。textyはMac OSX Lion用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

textyのようなUIはシンプルすぎて一般的には向かないでしょう。どちらかと言えばコンソールが好きな人に向いています。個人的にはこれくらいシンプルなエディタは大好きです。マウス操作が多いとキーボードから手を離してしまうので集中力が切れてしまうからです。

また自動保存機能がついていて、かつ差分のチェックもできるのが便利です。ファイルは全て別なファイルとして保存されますので、探す手間はあるかもしれませんが、ミスした時のことを考えれば十分な機能と言えます。シンプルながら実用的な機能を備えている点は好感が持てます。

jackdoe/texty - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2