ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

tapeはPython/Twistedを使ったシンプルなリバースプロキシーサーバです。

tapeはごくごくシンプルなWebサーバですが、利用目的としては設定に書くだけで簡単に使えるリバースプロキシーになっています。


インストールはtapeをパスの通ったところに入れて実行権限を与えるだけです。


立ち上げました。


ごくごく簡単なWebサーバとして立ち上がっています。


設定した上でアクセスすると例えば/googleでGoogleの内容を得られるようになります。


サーバの内容です。/googleがhttp://www.google.com/にプロキシされているのが分かります。

例えばサーバサイドとAjaxなどをやり取りするWebシステムを開発する場合、ローカルからではAjaxのドメイン制約によって通信できません。そこでtapeを使ってリバースプロキシとして通信を仲介してもらうことでサーバサイドをローカルに構築せずとも開発できるという具合になっています。

tapeはPython製、Twistedを使ったGPL v3のオープンソース・ソフトウェアになります。


MOONGIFTはこう見る

Ajaxのドメイン制限はセキュリティ上致し方ない仕組みではあるのですが、GoogleのAjax Feedをはじめとして簡単に乗り越えてしまう仕組みがあるというのが問題です。唯一、Cookieに触れられないのが利点ですが、開発者としては欠点に映ることもあるでしょう。

JSONPを使うこともできますが、向こうのサーバに仕組みが必要になります。tapeの仕組みであれば、コンテンツを取得した後、多少の編集を加えた上でレスポンスを得るといったことも簡単にできます。このままはもちろん、ちょっとしたカスタマイズで抜群に面白くなる可能性がありそうです。

metajack/tape - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2