ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TextSecureはAndroidでSMSメッセージをセキュアにするアプリです。

セキュリティ面で何かと騒がれるAndroidですが、プライベートな情報の宝庫とも言えるメッセージをセキュアにしてくれるのがTextSecureです。


最初にライセンス承諾が出ます。


注意もあります。


パスフレーズを設定します。これでローカルのデータを暗号化します。


パスフレーズを使って秘密鍵/公開鍵を生成します。


後は普通にメッセージを送信するのみです。


筆者のでは失敗しますが、普通は送信できるはずです。


メニューです。

TextSecureは二つの機能があります。まずローカルデータの暗号化で、自分のデバイスに蓄積されているデータをセキュアにします。もう一つはやり取りの暗号化でお互いTextSecureを使っている場合にその通信中の状態も暗号化してセキュアにします。

TextSecureはAndroid用のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。


MOONGIFTはこう見る

スマートフォンは携帯電話以上に外部システムとの連携が容易になっているため、プライベートな情報がどんどん蓄積されるようになっています。また悪意をもったアプリケーションが騒がれており、マルウェアの増大も留まるところを知りません。となればセキュアに使うかどうかは個人によってくるでしょう。

まず信頼性のないアプリケーションをインストールしないのはもちろん、無闇に情報発信したりパスワード登録したりしないようにする必要があります。また紛失時の対応も予め考えておくべきでしょう。無くなってから困るのではなく、無くなる前からの準備が肝要です。

WhisperSystems/TextSecure - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2