ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

LTCoreTextは縦書きにも対応したiOS用テキストビューワーライブラリ。

iPadで電子書籍リーダーを作るならば、その文書表示にLTCoreTextを使ってみると面白そうです。軽量で、かつ機能的にテキストを描画します。もちろん日本語対応です。


横書き表示です。


水平表示、縦書き表示です。


デモです。段組み表示やページ送りの方向などを細かく制御できます。

LTCoreTextは軽量に動作し、均等揃えやハイフネーション、動的なページ挿入や削除、非同期レイアウト処理ができます。なお実際の動作に際してはDTCoreTextが必要です。またiOS4以降に対応しています。

LTCoreTextはiOS用、Objective-C製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

電子書籍は日本は随分遅れをとっていますが、インターネット上には既に無数のテキストコンテンツは存在するのでそれらをうまく使えばまだまだ可能性はあるでしょう。その時の表示方法についてWebのような見せ方ではなく、日本語は縦書きの方が読みやすいのは確かでしょう。

可読性の高いビューワーがある中、それがオープンソースであればリーダーに組み込まれる可能性も高いのではないでしょうか。プログラマーとして、そうした分野に取り組んでいくのはありかも知れません。今後必ず需要が出てくるであろう分野だけに、研究しがいがあると思います。

novi/LTCoreText - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2