ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Wifix (lite)はAndroid 2.2系におけるWiFiの問題を解決するソフトウェアです。

Androidはまだ2.x系が圧倒的に多いようです。そんな中、Froyo(2.2)のWiFiで問題を抱えている場合があるようです。再起動しないと接続できないといった問題が起きている人はWifix (lite)をインストールすると幸せになれるかも知れません。


インストール画面です。


インストールしました。起動します。


メイン画面です。


接続を維持するバッテリー限度を決めます。


Keep WiFiを有効にして接続を維持します。

Wifix (lite)はWiFiの調子が悪くなった時にリセットして接続し直したり、接続を維持しようとしてくれます。おそらくつなぎ続けた状態になるので普段よりはバッテリーの消費が大きくなると思われますが、それでも再起動したりする手間に比べれば随分マシではないでしょうか。

Wifix (lite)はGPL v3のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Androidについてはセキュリティアップデートが適切に行われない、各社の作りによってユーザビリティが大きく変わると言った意見が聞かれます。が、従来であれば開発コストが大きくかかるスマートフォン開発に低価格で参入している以上、そういった問題は十分起こりえるものと言えるでしょう。

ソフトウェア、ハードウェア双方についてそうした問題は抱えており、それを各種ソフトウェアがフォローしている状態です。しかし中には悪質なソフトウェアも数多いので注意が必要です。そうした意味で考えるとオープンソースなAndroidアプリはいざという時に検証が可能で安心できると言えるかも知れません。

Wifix (lite) - Android マーケットのアプリ

softenido - my personal software - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2