ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Eye DropperはGoogle Chrome上で動作するカラーピッカーです。Webサイトの色を記録しておけます。

Webブラウジングをしていて良い色だなと思ったら使いたいのがEye Dropperです。Google Chromeの中で色管理ができます。


インストールします。


確認が出ます。追加ボタンを押します。


インストールされました。最初に簡単な説明が表示されます。


適当なWebサイトに移動してEye Dropperを実行します。そしてPick color from webpageをクリックします。


色の選択中です。マウスがある部分の色が表示されています。


黄色を選択しました。選択した色は履歴として管理されていきます。


その色をベースにしたカラーピッカーに移動もできます。

Webデザインをしている人にとっては色をメモしておきたいと思うことは多いと思うのでいざという時のためにもインストールしておくことをお勧めします。

Eye DropperはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

色との出会いは一期一会です。Webサイトだけで6.5万色以上の色が表現できるので、気になった色を後で再現しようと思ってもなかなかできないでしょう。そのためスクリーンショットやEye Dropperのようなツールを使って記録しておかなければなりません。

色がユーザに与える影響は思っている以上に大きいです。日本では淡いポップな色合いが好まれる傾向にありますが、海外では割合原色系が用いられることが多いようです。良いデザインを実現するためにも良い色に出会ったらぜひ記録しておいてください。

Chrome Web Store - Eye Dropper

kepi/chromeEyeDropper

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2