ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

NinjaKitはSafariやGoogle Chromeで使えるYet Another Greasemonkeyです。

Webサイトの表示や動作を自分好みに変更できるUserScript。そんなUserScriptをSafariなどでも使えるようにする機能拡張がNinjaKitです。


インストールします。SafariまたはGoogle Chrome版があります。


設定画面です。


UserScripts.orgでInstallボタンを押せばフローティングが表示されてそのままインストールできます。


スクリプトの編集機能もあります。


タブ幅を変えたりもできます。


ちゃんと動きます!

Google ChromeではデフォルトでUserScriptに対応していますが、Greasemonkeyとの互換性は完璧ではありません。もし動かないスクリプトがあればNinjaKitを使ってみるのも良さそうです。なおOpera版が今後リリース予定になっています。

NinjaKitはSafari、Google Chrome用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

昔はWebサイトはただ表示されたものを使うのが一般的でしたが、今はアドオンやブックマークレット、UserScriptによって自分好みに変更して使うのが当たり前になっています。だからこそ使い勝手の悪いWebサイトを利用しなければならない時に文句ばかり言っても意味がありません。不満があるなら自分で直してしまえば良いのです。

世の中には使い勝手の悪いWebサイトは山ほど存在します。特に著作権関係に厳しいところはそういう雰囲気があります。JavaScriptやHTMLの仕組みを知っているだけでそうしたサイトも一気に使いやすくなる可能性があります。ぜひカスタマイズしてみてください。

Chrome Web Store - NinjaKit

os0x/NinjaKit

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2