ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

光学☆迷彩はAndroidのカメラを使って半透明なデバイス表示を実現するアプリです。

光学迷彩…なんという甘美な響きでしょう。ドラえもんで言えば透明マント、攻殻機動隊で言えば光学迷彩、この手の技術は未来を象徴するものとしてよく出てきます。そんな光学迷彩の楽しみをAndroidで試せるのが光学☆迷彩 for Androidです。


設定画面です。透明度を変更できます。


起動しました。おお、向こう側が見えています。


ホーム画面に戻っても維持されています。


Webブラウザを立ち上げても継続されます。

光学☆迷彩はAndroidデバイスのカメラを使ってデバイスの前にある風景を常に投影し続けています。他のアプリケーションの色まで落ちてしまうのが残念ですが、半透明なデバイスとしてみると格好いいです。

光学☆迷彩はJava製、Android用のオープンソース・ソフトウェア(Apache License 2.0)です。


MOONGIFTはこう見る

17歳の人が作ったiPhone5の予想動画が人気を集めています。もちろんそのまま実現できるとは思いませんが、向こう側が見えるデバイスというのは格好よく見えます。同じように半透明なカードに情報を投影するというモチーフの動画もよく見かけます。

ARもそうですが、透明なディスプレイに情報が投影できればあえてカメラを使う必要もありません。ドコモでも半透明ディスプレイを作っていますが、実用性が今ひとつです。完全に透明なディスプレイができれば、色々と面白い展開ができそうです。

光学☆迷彩 - Android Apps on Google Play

matsumo/kougaku-meisai

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2