ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Win+R Alias ManagerはWindowsキー+Rで呼び出されるショートカットを追加、削除できるソフトウェアです。

Windowsの操作に慣れた人は積極的にキーボードショートカットを使います。特に便利なのはWindowsキー+Rで呼び出したダイアログからプログラムを呼び出す方法です。それをもっと便利にしてくれるのがWin+R Alias Managerです。


メイン画面です。既存のリストも表示されています。


新しいエイリアスを追加するウィンドウです。


例えばこんな感じで名前と実際のプログラムのパスを入力します。

Win+R Alias Managerは呼び出すプログラムのショートカットをパスの通った場所に作成してくれる仕組みのようです。仕組みはシンプルですが、効果は絶大です。一旦作成してしまえばWin+R Alias Managerは終了していても使えるのがまた便利です。

Win+R Alias ManagerはWindows用のソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Windowsの利用者は日々面倒だと感じながらも同じ繰り返し作業を行い続ける人たちがいます。その最も大きな原因はやり方をしらないことに起因します。プライベートな使い方であればそれでも良いですが、業務においては別です。積極的に改善し、生産性を高める必要があります。

社内SE的な立場の人は社内のコンピュータ勉強会などを繰り返し開催しましょう。ITリテラシーが向上すると、結果としてセルフサポートできる範囲が広がるので質問のような煩わしい業務が改善されるはずです。遠回りのようですが、結果として自分の業務に集中できるようになるでしょう。

via Windows+R Alias Manager, Add shortcuts to the Windows run box

WinAero: Win+R Alias Manager

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2