ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GeeknoteはCUIで使えるEvernoteクライアントです。

やぁ、きみはギークかい?そしてEvernoteを使っている?どっちかがNoなら用はないので別な記事をどうぞ。両方Yesの人にはぴったりでお勧めなソフトウェアがある。それがGeeknoteだ!


ログインしました。


エディターを登録します。


新規メモの登録です。


ちゃんと登録されました。


検索もできます。まず検索結果が表示されます。


結果の中から選ぶとノートの詳細が確認できます。

Geeknoteはメモの作成時にタイトル、本文そしてタグとノートブックを指定して送信する仕組みです。さらにメモの編集や削除、ディレクトリにあるメモを全てEvernoteに転送させることもできます。検索などの結果表示が遅いのが気になりますが、手元のメモを登録したりするのには便利そうです。

GeeknoteはPython製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

個人的には元々Evernoteのプレミアムでしたが、去年止めてしまいました。理由としてはデータのストック場所としては便利なのですが、その後の再利用がとことんできなくなると感じたためです。とりあえず入れておくと言った使い方をしてしまうと、その後の見返しが全く出来なくなります。手軽に使えるというのも善し悪しです。

しかしGeeknoteのように手元のメモをEvernoteに登録しておくと言った使い方であればありかも知れません。難点としてはEvernoteの動作自体が重たいことで、検索結果が出るまで待たされるのがストレスです。とはいえ利用は他の環境からで、とりあえずメモを放り込めれば良いと言うのであれば十分でしょう。

Geeknote

VitaliyRodnenko/geeknote

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2